解決!虹すけ.net

あなたの日常でのお悩み、疑問など虹すけチームが全力で解決いたします!お役立ち情報もどんどん発信していきます!おたのしみに♪

知っ得!こどもの日の由来を簡単に理解しよう!保育園児に説明できるべき?!

 

f:id:tatsumaru1028:20171121213220j:plain

5月5日はこどもの日^^


そういえばなぜ男の子の成長のお祝いと、こどもの日は同じ日にちなのでしょう?

女の子のお祝いは、3月3日ひなまつりですね。

この祝日の由来について、ご紹介します。

 

 

 

◆こどもの日の大人向けの説明

こどもの日は、1948年(昭和23年)に制定されました。

それまで5月5日といえば端午の節句。
ご存知の通り、男の子の誕生や成長をお祝いする日でした。

対して、こどもの日は、こどもの人格を重んじ、

こどもの幸福をはかると共に、母に感謝する日と、されています。


男児女児の区別なく、全てのこどもを対象にしているのですね。

こどもの日だったり、端午の節句だったり、
女性の神事を行う日であったり、
なんだかちょっと複雑です。

こどもの日の成り立ちを時系列に整理してみます。

f:id:tatsumaru1028:20171121213251j:plain


1 中国と日本の風習が結びつき、端午の節句の原型に。

今から約2300年前の古代中国の厄払いの
風習が日本に伝わりました。

奈良時代頃の女性の神事と結びついて、
端午の節句の原型になったと言われています。
この時は厄払いの行事であり、
ちまきは風習と共に中国から伝わりました。


2 武家社会になると、端午の節句が男の子のお祝いにチェンジ。

京中では端午の節句は厄払いの行事でしたが、
徐々に意味合いが薄れていきます。

そして鎌倉時代など武家社会になると、
端午の節句で使われる「菖蒲」が縁起が
良いと武士の間で人気になりました。

端午の節句は男の子の誕生を祝い・成長を願う
行事に変化していきました。


3 江戸時代頃に国の行事になり庶民にも広がる。

端午の節句が国の行事として定められ、
庶民にも広まりました。
鯉のぼりや柏餅もこの頃に誕生したと言われています。


4 1925年、子供の福祉世界会議で「国際こどもの日」が定められる。

1925年6月1日、子供の福祉世界会議で
「国際こどもの日」が定められました。

1954年11月20日の国連総会では
「世界こどもの日」が制定されています。


このことから世界では、こどもの日を6月1日,
または11月20日に設定している国が多いそうです。

もちろん日本のように、それ以外の日を
こどもの日にしている国も多いです。

日本でこどもの日が制定されたのは、
1948年。5月5日になったのは、古くから
端午の節句として親しまれてきたこの日を、
子供の日にしようという声が多かったからなのだとか。

 

5 日本でも5月5日がこどもの日として定着。

こどもの日が定着し、姉妹だけの家庭でも
鯉のぼりが飾られるようになりました。

 

f:id:tatsumaru1028:20171121213311j:plain

 

◆これなら保育園児でもわかる!簡単な由来の説明の仕方!

まず、子供に説明するにはわかりやすい言葉で簡単に!
がポイントです。

いろいろ説明しすぎると、かえって混乱し、
「なんで?」「なんで?」の無限ループに陥りかねません。

幼稚園や保育園ぐらいの子供となると、なおさらです。


子供向けの説明の例を挙げます。
                                                            
【例】

昔、全ての子供達が、元気に大きくなって
幸せになって欲しいなぁ、と思っていた大人たちが、
”こどもの日”というお休みの日を作ろうとしました。

そして、その日をいつにしようかな~と考えていたとき、
5月5日がず~っと前から、男の子だけのお祝いだった
ことに気が付いて、その日を女の子も一緒に、
全部の子供たちのお祝いの日にしよう、と思いました。

それで、5月5日をこどもの日にしました。

こどもの日とは、あなたが元気に大きくなって、
幸せになれるようにお祝いする日なんだよ。

 


大体こんな感じでいかがでしょうか。

 

もっとシンプルに

 

『こどもの日とは、あなたが元気に大きくなって、

    幸せになれるようにお祝いする日なんだよ』


だけでも十分かもしれませんね。


いかがでしたか?
GWにかかっていることが多いこの祝日。

意外と由来を知らない方が多いのではないでしょうか。

お子様にぜひ、楽しく説明してあげてみてください。